2011年03月29日

【日記】下北沢251

_DSC7050s.jpg
Koyomi-chen at 251 Shimokitazawa


昨日は下北沢251でロリポップギターレッスン観て来た。
251久しぶり。数年ぶりに行った。
以前行った時はまだ、ぼくがライブ写真撮っていない頃だ・・。


かわいいギャルバンってのは観てるだけで元気でるわー。
いや、ほんとに。
行って良かった。


写真は小よみちぇんfromロリポップギターレッスン。
落語&ドラムユニット小よみちぇんはベース大内氏が加入して3人になるらしいよ。



対バンを観る合間にK君と電話。



終演後はマリーと王将で餃子。
歩いて野沢龍雲寺の辺りまで。
午前3時、帰宅して就寝。

マリーは何時家に着けたんだ?




posted by メガ at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【告知】アフリカンフェスティバルよこはま2011出演

2011/4/3(日)
アフリカンフェスティバルよこはま2011に出演します。
NYAMA KANTE & JELIDONというバンドで、昨年11月にコートジボワールはアビジャンでコンサートしてきました。

NYAMA KANTEというギニア出身のシンガーのバックで日本人がバンド+ジェンベ+ダンスします。(ぼくはギターを弾きます。)ニャマは歌、ダンス、見た目、性格もろもろパワフルで見たら元気出ますよ!

13:40-14:10
16:00-16:30
のツーステージ、曲は全替えしますので是非お昼から来てください!
出店のお酒やシチューも美味しいですよ〜

場所は横浜赤レンガ倉庫1号館 です。
入場無料!


アフリカンフェスティバルよこはま2011
http://africanfestyokohama.com/


宜しくごひいきに。




posted by メガ at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【写真】ロリポップギターレッスン

2011.03.28
@下北沢251


01lgl0328.jpg


02lgl0328.jpg


03lgl0328.jpg


04lgl0328.jpg


05lgl0328.jpg


06lgl0328.jpg


07lgl0328.jpg


08lgl0328.jpg


09lgl0328.jpg


10lgl0328.jpg


11lgl0328.jpg


12lgl0328.jpg


13lgl0328.jpg


14lgl0328.jpg


15lgl0328.jpg


16lgl0328.jpg
posted by メガ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【写真】three-weeks-old lovesick puppy

2011.03.28
@下北沢251


01tlp0328.jpg


02tlp0328.jpg


03tlp0328.jpg


04tlp0328.jpg


05tlp0328.jpg


06tlp0328.jpg


07tlp0328.jpg


08tlp0328.jpg


09tlp0328.jpg


10tlp0328.jpg


11tlp0328.jpg


12tlp0328.jpg


13tlp0328.jpg


14tlp0328.jpg
posted by メガ at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

【日記】アフリカの映像

_DSC6271s.jpg
Setagaya


朝起きて、おはようを言い合いながらテラスへ行くとコーヒーとパンが用意してある。それを食べながら今日は何をするのかな、なんて話すが結局みんな良くわかってない。ある人はレッスンに行ったけどぼくらはテラスで話しているうちに昼飯の時間になる。タイ米とシチュー、慣れた食事、たまに出るアチェケは手で食べるのだけどそれも慣れた。唯一慣れないのはスパイシーな辛いソース、体質的に日本人に合ってないのかなんなのか、口で辛いのは勿論内臓に与えるダメージがヘヴィで翌日とかきつい。美味しいから食べてしまうのだけど。午後、ある日は海へ行き、ある日は日が暮れた中結婚式に参加して、それが停電したりした。まるで亡命した一味さながらのその日ぐらし、仕事は無く衣食住は確保してもらっているがどこへ行くのも言葉や治安への不安や土地勘の無さ、などから誰かに連れて行ってもらうしかない、ぼくがあそこの市場でズボンと腕時計をそれぞれ300円で買った時は2人に付いてもらっていた。平日だったから街は仕事してる人達ばかりだったのだと思う。思い出として一番に思い浮かぶのは到着からステージにあがるまでのあっと言う間の合宿生活より、終わった翌日からの無目的で無責任なテラスでの何もしない生活、それだ。勿論、毎日楽器ばかり弾いていた雑魚寝合宿も大変刺激的で忘れがたいが、元来自堕落で楽観主義なぼくはあのテラスを思い出し、アフリカよかったなぁ、また行きたいなぁと思ってしまうのだ。


ぼくらがステイしたCote d'ivoire の Abidjan は現在内戦状態で、当時の安定した空気はもうない。最後のメンバーは 2010.11.16 の犠牲祭を体験して帰った。ぼくはその時もう日本だった。直後、月末の大統領選挙の決戦投票が行われ、結果選挙に出馬した2人ともが当選を主張、それぞれに任命式を執り行うという事態になってしまった。実権を握ったまま敗北を認めないバボ大統領、正当に当選したとして国際社会からの指示を集めるワタラ。このあたりの経緯は在コートジボワール日本大使のblog にあかるい(1)。日本も民主主義国家としてワタラ支持を表明していると思うが、お世話になった現地NGO、CARASのかずこさんは不必要な民主主義、選挙を強制したとしてフランスら国際社会を疑問視する記事をおはなし村のホームページ(2)に載せていた。が、今は削除されている。削除の経緯は知らないが、ぼくはこれら2つのweb記事を読んで、政治の複雑さを感じたのだった。ひとつの方向から物をみただけでは本当の形はわからない。国際社会はバボを決して認めないだろう。国内で軍隊などの実権を握るバボも決して座を譲らないだろう。どちらにしても、衝突が起こり死者が多数出ている今、シンプルな解決は無いのだろうか。

(1) http://blog.goo.ne.jp/zoge1/
(2) http://ohanashimura.web.infoseek.co.jp/


そんな中、Abidjan にステイしていた時の映像が届いた。到着から、国営テレビ出演、コンサート、犠牲祭、などなど。それをみてまた当時の事を思い出した。皆、大変だろうけど元気にしているだろうか?しばらくしたらまた向こうに行って、テラスでのんびりする事が、出来るのだろうか。




a-i まで9本、a と i 以外はコンサートの映像です。
(taken and directed by Mr.Suzuki)
posted by メガ at 21:11| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【写真】flawright

2011.3.20
@新高円寺クラブライナー


01flr0320.jpg


02flr0320.jpg


03flr0320.jpg


04flr0320.jpg


05flr0320.jpg


06flr0320.jpg


07flr0320.jpg


08flr0320.jpg


09flr0320.jpg


10flr0320.jpg


11flr0320.jpg


12flr0320.jpg


13flr0320.jpg
posted by メガ at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

【写真】打首獄門同好会

2011.03.18
@三軒茶屋ヘブンズドア


01ugd0318.jpg


02ugd0318.jpg


03ugd0318.jpg


04ugd0318.jpg


05ugd0318.jpg


06ugd0318.jpg


07ugd0318.jpg


08ugd0318.jpg


09ugd0318.jpg


10ugd0318.jpg


11ugd0318.jpg


12ugd0318.jpg


13ugd0318.jpg


14ugd0318.jpg


16ugd0318.jpg


17ugd0318.jpg


18ugd0318.jpg


19ugd0318.jpg


21ugd0318.jpg










幸せって
「風呂入って 肩まで浸かった瞬間でしょ」
「あれ 今日休みじゃん!って 二度寝して布団に潜った瞬間でしょ」

と唄う「フローネル」が最高にすきだ。


フロアも大盛り上がりで、みんな発散したかったんだろうなーいろいろ とは大澤会長 談。



節電営業というヘブンズドアは今日も爆音。

posted by メガ at 02:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

【日記】青空

_DSC5373s.jpg



久しぶりに気持ちのいい天気だった。でも寒い。1週間くらい前に春一番吹かなかったっけ?


震災からたった数日で、東京は大きく変わった。幸い街並みはほとんど変わらずに済んだが人々の思考が変わった。みんな、節電や募金への意識を持っていたり、日常の大切さに気付いたり、考えたり、真剣に生きている。半年前には「現代的」と言われていたかもしれない、しんだ目をしたような人はいなくなった。いい事だと思う。


福島原発は相変わらず予断を許さない。爆発や火災が相次ぎ、首都圏でも放射線が観測された。街を歩く時はマスクをしている。ごく微量だが量は問題じゃない。降らないものが降っているのが問題なのだ。0が1になるのと1が10になるのは話が違う。脱出する人を笑えない。福島の現場は戦場だろうと思う・・。


計画停電が実施されはじめた。本来、原発が停止しても電力は賄えるのだそうだ。今回の停電は東北の火力発電所も停止してしまったのが要因という。18〜20時の節電をみんなで実行している。街は夜、薄暗い。でも、普段からこれくらい暗い方が落ち着くかも。


津波により孤立している人々、物資が届かない人々がまだまだいる。東京にいて何もできない。


ぼくらに出来るのは、表面的には元に戻りつつある日常に感謝して一生懸命、それを生きるだけ、そして少しの募金と節電。なのだろうか?経済的には自粛よりもむしろがんがん金を使って活性化させること。だから飲みに行こう、毎晩毎晩。で、いいのだろうか?


恐怖にかられて?食糧の買占めやガソリンの補充にみんなが走っている。今のところ、根本の貯蓄量は問題ないらしい。殺到しているので供給のスピードが追い付いていないだけ。


twitter上でみんなが話してして、共感できて共有している価値観、それがすなわち世間の価値観とつながらないうところが難しくて残念なところだ。。
posted by メガ at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

【日記】原発とtwitter

SN3G9539_0001.JPG


福島第一原発。冷却装置が働かず炉心溶融の危機に。経過は午前中からtwitterで逐一みていた。後はテレビ。原子炉に飛び込んで燃料棒を押してひっこめようとした葛城ミサトを思い出した。水蒸気爆発で建物が骨組みだけになった時はもうおしまいか、と思ったけど、今のところ最悪の自体は免れたらしい。(建物が壊れただけで炉心の格納容器は無事。)今現在、海水を投入して冷却作業を行なっているとの事。現場の人には心からお疲れさまですと言いたい。



今回の震災ほどtwitterの力を感じた事はない。ひとつは友人の安否確認はじめ、口コミ情報の収集。勿論、デマも多くあるのだけど、twitterがあると無いとで入ってくる情報量が全然違う。twitterの情報からテレビを見たり、USTみたり(みれないけど)、という他メディアの情報を得るのも大変役立つ。またこれは震災以前からだけどtwitterをやってみて、テレビなど既存メディアの扱うニュースと世論の話題のズレもみえた。ふたつ目は公式情報の取得。デマかどうか判断するのにはソースがある程度信頼するに足るものか知る必要がある。ソースが無い情報は信頼しない。ぼくが今日原発関連のニュースをリアルタイムで得るのに役立ったのはNHKのオフィシャル(@nhk_news)。テレビで報道するのとほぼ同時か、それよりも早く情報が出ていたと思う。NHKが絶対でないのかもしれないが、民放ですらなんだか情報がワンテンポ遅れている印象を受けた。このスピードはtwitterでしか無いのではないか。昨日の昼間、電話もメールも機能しない中、twitterだけは生きていて情報を伝えてくれた。まだやっていない
人は今からでも、アカウントをとるといいと思う。ちなみに僕は @eisukeasaoka でやっています。



twitter以外では、ぼくは使っていないがiPHONEは今回のような場合相当使えるのではないかと思う。地図を見るのは勿論、viberというアプリは言わばskypeの電話版、ネット経由で電話が出来るから回線がパンクしている時も電話が出来る。ただiPHONEは電池の持ちと電波が悪いのが致命的だが・・。
posted by メガ at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

【日記】地震

SN3G9536_0002.JPG


上野にいた。車に乗っていてカーナビでテレビを見ていたら車が揺れた。誰かが貧乏ゆすりでもしているのか、なんて冗談を飛ばすと窓の外では街灯や工事現場の足場や高速道路高架が揺れていた。

高速道路高架下にいたのでそこから出て、テレビを見ると生放送の番組では無人のスタジオが揺れているのが移り、ほどなくドラマ映像に切り替わる。チャンネルを変え、今のは震度5だ、いや4だ、と話していると間も無く速報。東北で震度7。

道にビルなど建物内にいた人々が続々出てきていた。ヘルメットをかぶっている人も多い。最初と同じくらい大きな余震。

テレビでは大津波警報が報じられる。どこまでも道路は渋滞、道は人だらけ。

津波が仙台に到達した。テレビは固定カメラの映像を流している。港が水没して船が打ち上げられている。ゆっくりとしかし絶え間なく岸に向かって押し寄せる波が浮き桟橋や船を漁協の建物にぶつける。

映像が切り替わると、ヘリからの映像。田んぼが広がる平野を、津波がゆく。津波は民家を地面ごと押し流し、それがまた次の民家を押し流す、という具合で津波というより土石流のていだが、泥のバケモノが全てを飲み込みながらゆっくりと、しかし決して止まる事なく進んでいるように見えた。津波は少し高くなった幹線道路に当たると行き場を無くし、再び側の堤防を破壊して家や車とともに川に流れ落ちていった。

映像が切り替わると、再び港で4、5隻の船が、あるものは横転しあるものはお互いにぶつかりあって転覆した。


そうした戦慄を覚える映像は、リアルタイムなものゆえ、一層の生々しさを伴った衝撃だった。

テレビでは津波の専門家の教授が解説をしている。声が震えている。

窓の外の東京は変わらず、道に溢れる人々、渋滞する道路、余震。だが惨事が起きている様子は無い。空がだんだん曇っていった。



(記録として。自分の感じた怖さと映像の力を忘れないために。これからテレビなどでたくさんの映像、報道に触れるだろうけど、それらはあっという間にいつものショー的、作為的なものになっていってしまいそうだから。)



どうか地震がおさまって、一刻も早くたくさんの方々が救われますよう。
posted by メガ at 21:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。